地方創生と道州制について

地方再生を巡る議論をする場合、江戸時代の300藩体制が参考になる。加賀百万石のような大藩もあれば、1万石の小藩もあった。原則は10割自治と徳川幕府への絶対的服従であった。地方は現代のように地方交付金を受ける側ではなく、普請などで負担する側に立たされていた。当然財政事情は厳しくなる。他の藩に頼ることはできない。自力更生で各藩は生き抜いていくことを要求された。そのため米を初めとした農産物の増産、特産品の開発、人材の育成に力を注いだ。しかし全ての藩がこの課題をクリアーできた訳ではなく、行き詰まって潰れた藩もあった。分割して統治せよ、のある意味では極端なケースかもしれない。30藩ではなく300藩なのだ。経済的合理性という点からは余りに細かく分けすぎることは問題かもしれない。さてもう一つ、参考になるのはドイツだ。ドイツは領邦国家の集合体という歴史的な流れの中でいわば「地方分権」国家として現在に到る。分権型国家は一極集中型の国家に比べ、危機からの復元力が相対的に高いと言われる。その理由をきちんと解明する必要があるが、現在の日本は一極集中型国家だ。江戸時代、ドイツの現在の国家としてのあり方も参考にしつつ日本のこれからの国家のあり方そのもののモデルをつくる歴史的段階に来ている。明治維新国家のモデルは制度疲労を迎えている。まさに国家百年の大計だ。ポイントは成熟した先進国として持続可能な国家になることではないか。道州制なども議論のテーブルに上がっているが、基本は地方が本来的意味で「主体性」を持つことにあるように私には思われる。

 

私は青空

鎌倉一法庵住職の山下良道師がNHKEテレのこころの時代に出ていた。師は30年の求道の結果、青空に辿りついた。師言う。青空。それが私です。私の本質です。私たちのいろいろな思いは、雲のようなものでしかありません。どれほど誰かへの怒りや憎しみにとらわれ、苦しんでいるとしても、その怒りも憎しみも、みな青空に浮かぶ黒雲でしかないのです」。師は私は青空のようなものです、ではなく私イコール青空と言い切っているところに、私は師の確信の強さを感じる。伊豆半島の南端に住み、農作業をしている牧師が「私は小松菜のように人に繰り返し役に立つものになりたい」と言っているが、これは自分の目標存在として小松菜をあげているのであり、私イコール小松菜ではない。私は青空としての私の発見の経緯をテレビで見ていたが、正直分かるような気もするし、一方で青空というのは大気の水分が太陽の光でつくりだすもので、完全に物質的なもののような気もする。それが私、というのはどういうことだろうか、という疑問も感じる。ということで、一昨日師の新書版「青空としてのわたし」を買って、読み始めている。読了する時には、この疑問は消えているだろうか。また師は仏教にはアップデートが必要であり、それを仏教3・0と表現している。この本を読みながら桂銀淑のヒット曲「すずめの涙」の歌詞の一節「私だけ飛べる青空を持っている人ならば」を思い出した。どこか通じるところがあるような気がする。ところで私は自分の本質を山下師のように「○○。それが私です。私の本質です」と言い切れるものがない。ここ暫くは青空を見ながら思索の日々が続きそうだ。

 

帰り道・家路

以前「帰り道」という短編小説を構想したことがあった。きっかけは深夜、私の家の前を歩く人々の足音だった。私の家は最寄駅から徒歩で10分ぐらいの距離にある。家の前の道を歩いて帰宅する人の足音がフトンの中で寝ている私の耳元に響いてくる。足音が近づいてきて、そして遠ざかっていく。私はフトンの中で、「どんな気持で家路についているのだろう」と想像した。深夜だ。疲れていることだろう。良い一日だったのだろうか、あるいは・・・。

私自身の事を振り返ってみると若い、結婚したての頃小田急線の玉川学園前から10分ぐらいのアパートに住んでいた。勤めていた会社は浜松町にあった。当時は高度成長期で皆遅くまで残業していた。帰宅は大体深夜の12時を過ぎていた。玉川学園の駅を降りて坂道を登りながら2階建てアパートの2階のわが家に帰っていった。

家に帰っても仕事の事が気になって頭から離れなかった。毎晩遅くまで仕事をしていると肉体的にも精神的にも疲れが溜まってきて、注意力と集中力が落ちてくるのは避けられないところだ。当時私は海外向け鉄鋼製品の輸出を担当していたので、毎日海外支店の担当者に見積、オファーを作成し、テレックスで送っていた。アクセプトされれば契約成立だ。だから見積間違いがないか、条件設定に不備がなかったか、要するにどこかでチェックミスを犯していないか、気になっていた。だから私の場合、帰り道はまだ仕事と一緒だった。「今日も無事仕事が終った」というような軽やかな気持ちではなかった。深夜の住宅街を歩く私の足音をもし誰かかが聞いていたら、何か重そうな足取りだな、と思ったことだろう。また接待で、あるいは同僚と飲んで帰ることもしばしばあった。その時の足音はどんな感じだっただろうか。辛い、悲しい思いを抱えて家路を辿ったことも再々あった。一方嬉しいことがあり、そのことを家内に早く伝えたくて家路を急いだこともあった。

深夜、家の前を人が足音を響かせて歩いている。ある時、気になる足音があり、思わず2階の物干し場に出て、その人の後ろ姿を見送ったことがある。足音を聞きながら、昔の自分の足音を聞いているような錯覚に襲われることもある。深夜の足音はなぜか胸の奥まで響いてくる。

 

屋上菜園  新しい楽しみ方と価値共有

 

屋上菜園ガーデンの楽しみ方は野菜栽培だけには留まらないのではないか、というのが最近の私の考えだ。楽しみ方には3つのレイヤー(層)がある。まず一番基礎になる野菜栽培のレイヤー。このレイヤーでは自分で野菜を栽培して収穫する。自分でトマト、イチゴ、ピーマン、スイカなどを栽培できたら嬉しいものだ。自分の家だけで食べきれない時はご近所にお裾分けすることもできる。その上の2番目のレイヤーは料理会、食事会だ。栽培仲間と自分達が育てた野菜を使った料理を一緒に食べるのは又格別だ。このレイヤーではいろいろな企画が立てられるだろう。例えば「マとキッズの料理会」。供達がお母さんの料理を手伝う。料理専門家のアドバイスなどもあれば更に盛り上がることだろう。あるいはシニアの皆さんの料理と歌の宴会も楽しそうだ。今年4月からの千代田高齢者センターでは年間3回、屋上で皆さんが栽培した野菜を使った食事会を開催することになった。一番上のレイヤーはイベント、祭、行事となる。今年、当社ではそれぞれのレイヤーの専門家とタイアップして、この3つのレイヤーの企画の具体化と定期的活動の実施を計画している。屋上菜園ガーデンだからこそできる新しい楽しみ方と価値共有を推進していくつもりだ。