第3話 眠れない夜

8月、お盆休みの時期、会社をこれからどうするか、必死になって考えていた。

新年度も1/4半期を過ぎ、業績が激しく落ち込んでいた。売上高で計画比70%、粗利益では50%という予想もしていない業績悪化だった。その前の年度、3年連続営業利益の赤字は食い止めようと、役員報酬カット、賃金カット、経費のカット、それに社外分社の経費肩代わりなどを無理は承知で実施。その結果なんとか100万円を超す営業利益をひねり出すことができた。

黒字化を弾みにして業績改善と意気込んでいたのだが、蓋を開けるとそうはいかなかった。営業部門からは「厳しい環境で多くは望めない」という報告が相次いだ。そんな訳で、お盆休みの間に会社の今後を決めなければ、なんとかしなければ、ということで考え込み、眠れない日々となった。

八畳間の真ん中に机を置き、模造紙の上にカードを並べ、自分一人でKJ法で問題点、今後の可能性を検討した。うちわであおぎながら、ため息もつきながら今後の進路を絞り込んでいった。まず第一は現状維持。これはまず無理だ。第二は思い切ったリストラ。赤字部門の本社の土木建材部、大阪支店の閉鎖。仙台支店、千葉支店の存続。4部門から2部門に縮小する。本社は不動産収入の兼業部門だけとする。信用不安が出てくることは避けられない。「ミヨシは大丈夫か?危ないのでは?」

リストラする部門の人員をどうするか、本社の土木建材部を閉めた場合は「土木のミヨシ」という看板を下ろさざるを得なくなる。

第三は不動産管理会社に変える。営業部門はすべて閉鎖する。大幅な人員整理をして、兼業(不動産)収入だけで食べていく。

会社を解散するということはこの時点では考えていなかった。どんな形になってもいいから存続させたいと思っていた。倒産の恐怖がこころの底で広がり始めていた。

日経ベンチャー1998年6月号の倒産特集「勇気ある倒産」の記事を繰り返し読んだ。その中で倒産社長の言葉。「もっと早く倒産する勇気があったらこんなに苦しまずに再建に取り組めたのに」の文字をじっと見つめている自分がいた。自分はまだ経験していないが倒産への恐れがこころに重くのしかかってきた。経営者会報の倒産特集を読んでいたら、倒産者の世話をしている八起会の野口会長の記事が載っていた。藁にすがる気持ちというのだろうか、もう少し詳しく知りたくて、駅の近くの本屋に行って野口会長の本を探したところ1冊あった。「こうして会社は潰れていく」。

買い求めて、家に帰り一挙に読んだ。8月16日のことだった。その時、どういうわけか野口会長にお会いして当社の状況を聞いて頂き、何かアドバイスを受けられればと思い、早速電話をかけた。意外にも野口会長ご本人が電話口に出てこられ、8月18日午前だったら空いているとのことでアポを取らせて頂いた。嬉しかった。後になってみると八起会の野口会長、K公認会計士とお会いできたことがどんなに大きなことだったか。もし、お会いしていなかったら、解散の決断があのタイミングでできたかどうか。独りで悶々としていたら、決断はもっと遅れたにちがいない。またなし崩し的な決断になっていたのではないか、と思う。今考えてみるとゾッとする。それ以前に帝国ニュースにM弁護士が倒産についての講演録を連載で掲載していたので、一度M弁護士に会って実情を説明し、法的アドバイスを頂きたいと考えた。丁度事務所が当社から歩いて5分ぐらいであることも確かめ、電話したところ、女性が電話口に出てきて「弁護士は現在案件を抱えていて忙しくて時間がとれない」との返事だった。「どなたか先生の関係で、倒産に強い弁護士を紹介していただけないでしょうか」と諦めきれずにお願いしたが、女性の答は「そういうことはしていません」。

とりつく島がなかった。

とにかく相談相手が欲しかった。社内で相談できることではなかった。会社の運命を決する決断をする時期はそんなに先の話ではないことは直観的には分かっていた。苦境を切り抜けた社長達の体験談をすがりつくような思いで読んだ。

と同時に会社が破局した時の状況が様々なイメージとなって目の前に浮かぶようになった。何しろ8月に入ってからというもの、熟睡できた日はほとんどなく、慢性的な睡眠不足が続いていた。眠れずに朝を迎えた日も多くあった。正常な判断ができなくなるのでは、そんな心配も追い打ちをかけた。債権者集会で怒号を浴びている自分の姿、家族でどこかの小さなアパートに転がり込んでいく様子、借金を返済するために、なりふり構わず、馬車馬のように働いている自分の惨めな姿。ああ、これで自分の人生は終わってしまうんだ。何のための人生だったんだ。会社経営では苦しいことばかりだったな・・・。睡眠不足が精神的な不安定を生み出していた。暗い顔をしていたことだろう。そんなイメージを振り払うように自分にカツを入れた。

「中小企業といえども仮にも社長なんだから、どんなに辛くても、最善の決断をしよう。そのためには自分は勘定に入れないことにする。先代の社長は、支払いは絶対に延さないを会社の憲法にしていた。判断の基準は取引先、銀行に金銭的な迷惑はかけない、だ。これが社長としてこれから取りうる最低限の責任だろう。しかし、できることなら、会社をどんな形であれ存続させたい。旧役員、また現在の役員の意見も聞いた上で最終的な決断をしよう。」

(第3話 了)

第2話「 業務日誌書き始める」

解散を決める前から、一冊のノートに記録を業務日誌のように書いていた。1ページ目は2000年8月22日。ひどく疲れた時、あるいは混乱して気持ちの整理がつかなかった日もあり、少し抜けている部分もあるが、ほぼ毎日書いた。自分を支え、支え続けるために書いた、と言うのが真実に近いだろう。書くことによって冷静に、客観的になることができた。また自分自身の叱咤激励ためにも。

日々の積み重ねの結果、業務日誌は100ページを数えるまでになった。一つのドラマの終わりから始めに向かって改めて遡っていくと、結末に到るまでなんと様々なことがあったものかと思う。最初からこれほどの作業が、またプレッシャーが有ることが分かっていたら、思わず後ずさりしたかもしれない。とにかく会社を解散させるということは私にとっても初めての経験であり、また解散が途中で崩れ、倒産してしまうのではないかという不安がずっと最後まで消えず、自分との厳しい闘いとなった。解散業務を続けてく中で、いくつかのことに気付いた。当たり前のことも含めて列挙してみたい。

  • 解散を遂行するためにはメインバンクと最大の仕入れ先の支援が鍵を握る。経営内容について日頃から定期的な報告・説明を率直にしておくことの大切さ。
  • 撤退戦を最後までやり抜くためには、最後まで社長(代表清算人)と一緒に業務に誠心誠意携わってくれる数名の社員がいなければならない。辛く、悲しい仕事となるが、私の場合、明るい気持ちと雰囲気を心掛けてくれた社員によってどれだけ励まされたことか。
  • 不動産の売却はタイミングと縁。足元を見られることは避けられないが、弱気にも、またあまり欲張って強気になりすぎてもいけない。最初の段階で来た引き合いの中でできるだけまとめるようにする。一旦波が消えると次の波が来るまで暫く待たなければならない。段々状況が厳しくなる。
  • 在庫は悪である。在庫処分に入った時、二束三文になってしまうことを改めて痛感。貸借対照表では資産となっているが、これは会社の実態、純資産把握上、問題がある。当社の場合は在庫のマイナス面が大きくなっていた。敢えて悪、という次第。
  • 会社は社会的存在であり、公器である。多くの取引先(販売、仕入れ、総務、経理関係)によって成り立っている。特に日頃は余り目立たない取引先が多く在り、お世話になっていることに気付かされる。また当社との取引に大きく依存している取引先もある。
  • 会社を解散しなければならない事態になった原因は社長にある。更に言えば、解散業務の中で「経営とはどうことなのか」「社長として何が欠けていたのか」が少しづつ見えてくる。
  • これから自分はどんな仕事をしたいのか、次の仕事の夢を描くこと。そうすれば目前の苦しさを耐える力が生まれてくる。そんな余裕はなさそうに思えるが、上記⑤⑥との関連で徐々に夢が生まれてくるものだ。

 

これから時系列的に物語を綴っていくことにしたい。事実関係については私の責任で述べられる範囲でできる限り正確に述べていくが。関係者に迷惑がかからぬよう努めていきたいので、場合によっては曖昧な表現になることをあらかじめお断りしておきたい。

このような記録を残す目的はただ一つ。今の時代、生き残りのための競争激化、事業継承問題が深刻になってきている。戦後の経済復興・高度成長期に生まれた中小企業は多くの問題を抱え、また経営基盤が大手に比べて薄い。現在の会社の寿命が尽きかかっていると判断したら、まだ足元の明るい内に会社をたたんで、再出発をはかることを真剣に考えてほしいと思う。会社を失うことは経営者であれば辛く悲しいことだ。だがそれ以上に考えなければならないことは人様にまた社会に迷惑をかけてはならないということではないだろうか。倒産は社会的犯罪だと明言した経営者がいる。一度倒産を経験し、筆舌に尽くしがたい苦しみを、また負い目を経験した経営者だ。人生はやり直しがきく。終わり良ければ全て良し、との格言もある。解散つまり自主廃業できれば取引先、また金融機関に迷惑を掛けなくて済む。他人の目を恐れて、あるいは避けて道を歩くのは本当に辛いことだと思う。決断を早めにすることは、諦めが早いと人からは誹られるかもしれないが、「潔く決断した。後になれば分かることだ」と泰然と受けとめれば良いのではないだろうか。それでは自主廃業物語を始めたい。

(第2話 了)

第1話「自主廃業という選択肢」

 私が会社を自主廃業してから早いもので20年経った。自主廃業が結了したのは2001年1月だった。自主廃業を決断したのは1999年の9月、結了迄の約1年半、倒産の危機を感じながら、崖縁の道を歩み続けた。血圧は上がり、髪の毛も白くなっていった。結了時私は54歳になっていた。会社廃業は人生の廃業ではない、これから自分にふさわしい新しい人生に向かっていくのだ。そう自分を奮い立たせようとしたが、自主廃業のための労苦は予想以上だった。なにか抜け殻のようになっていた。

ずっと昔のことのようでもあり、また当時の記録を読むとまるで昨日のことのように思い出される。失敗と挫折が続いた私の人生の中で、自主廃業は大きな、いや最大の山だった。その山を何とか乗り越えた後の年月は自分が本当にやりたいことを見つけるために、模索の旅だった。まさに試行錯誤の連続だった。まだまだ働かなければならない年齢だった。世間では会社人生の仕上げの時期だ。以前勤めていた会社の同僚が役員になったとの話も聞いた。それに引き換え自分は・・・。

その頃、三条正人と若山あずさが歌った「昭和枯れすすき」を私は何度も何度も聞いた。私は「力の限り生きた」だろうか。「未練などない」だろうか。そうは言えなかった。結局自分は花の咲かない枯れすすきのような人間なのかもしれない。

さしたる固定的収入もなく、6年間は貯金を食いつぶしていた。小さな会社の顧問、セールスレップの仕事、仲間と一緒に始めた営業開発倶楽部。しかしいずれも長続きしなかった。虚しさ、寂しさに襲われる日々が続いた。結局自分が安定した仕事につけなかったのは自分の中に能力がなかったからだ、そう思わずにはいられなかった。

60歳になったのを機に年金の申請をして、年金の受給が受けられるようになった。これで最低限の生活はできる。家内も少しは安心したことだろう。

今回自分の自主廃業物語を書こうと思った理由は、2つある。

  • 新型コロナウイルスのために会社を、あるいは店を閉じようと考えている経営者が多くいるのでないか。できれば倒産する前に会社を自主廃業する方がダメージが少ない。倒産すると自分の家も財産も失うことになる。自分の家があり、健康であればなんとか生きていける。再起の可能性も高くなる。
  • またこれを機会に、仕事=人生、という生き方ではなく、自分の人生をもっと豊かにするための視点を経営者の皆さんに持って頂きたい。仕事で成功しても人生で失敗する人がいる。仕事で失敗しても人生で成功する人がいる。会社勤めの時、マレーシアに駐在した。その時ある会社の経営者から会社は卵を産む鳥で、卵を産まなくなったら処分する、会社はあくまで利益を上げるためのツールだという話を聞いた。

20年経った今、改めて思うことは今私が家族と一緒に暮らし、自分のライフワークに取り組めるのは自主廃業できたからだ。倒産していたらどうなっていたか、それを考えるだけでもゾッとする。日本では倒産した会社経営者への世間の目は厳しい。敗北者、敗残者扱いされる。私は「昭和枯れすすき」を長いこと、倒産者夫婦の歌として聞いていた。

自主廃業は言うまでもなく、自分の力だけでできるものではない。多くの人達の理解と協力があったからこそできたことだ。それらの人々への感謝もこめて、この物語を綴っていくことにしたい。      (第1話 了)